アンケートについて

2014.11.29

選挙になると一斉にメディアからアンケートが送られてきます。

自分の考え方を広く大勢の人に知っていただくには良い方法になり得ると思うのですが...。

しかし、
『2017年4月の消費税10%への増税について
必要・不要

原子力規制委員会が安全性を認めた原発についての、原発即時再稼働について
必要・不要

憲法九条改正について
必要・不要』
これだけなどというアンケートもあります。

景気条項は必要なのか、必要ないのか、軽減税率はどうすべきなのか、医療費のゼロ税率課税はどう考えるのか等々、

あるいは再稼働前に使用済み核燃料問題をどう考えるのか、再処理はどうするのか、使用済み核燃料プールが数年間でいっぱいになることをどう考えるのか等々

単なる二者択一ではなく、さまざまな論点が大切だと思います。

憲法九条についても、どう改正するのか、せめてその案文について賛否を聞いてくれればと思うのですが。

その他のメディアの質問にも、日本の外交はアメリカ重視かアジア重視のどちらを選ぶべきかという質問があったりします。

アジア重視とアメリカ重視は相反するものなのでしょうか。私は全くそうは思いません。

なんかデザートを食べますか、サラダを食べますかと聞かれているような気がします。私は両方食べます。

デザートは杏仁豆腐ですか、マンゴープリンですかと聞かれれば選びようもあるのですが。

政治家によって、力を入れているところも違います。あたかもこれだけが争点だというような、択一型のアンケートでは、候補者の思いを言い尽くせないのではないでしょうか。

もっとも載せるほうは、スペースも限られているでしょうから、択一式にしたくなるのはわかります。

でも、増税賛成か反対かだけでなく、反対なら社会保障はどうするのか、給付をカットするのか保険料を引き上げるのかなど、関連する問題も合わせて議論しないと、政策議論にならないと思います。

違うやり方をしてくれるメディアはないものでしょうか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする