中国の「公表」国防費

2020.05.27

5月22日、中国の全国人民代表大会(全人代)が開幕しました。
 
そこで発表された2020年度の国防予算案は、前年度比6.6%増となる1兆2680億元、日本円にして20兆2881億円となります。
 
2020年度の日本の防衛関係費は5兆688億円ですから、中国の国防費は日本の4倍です。
 
しかも中国が公表している国防費は、中国が実際に軍事目的に支出している額の一部にすぎないとみられています。
 
たとえば研究開発や外国からの兵器の調達などは含まれていないとみられています。
 
アメリカの国防省の2019年5月の報告は、中国の実際の国防支出は、公表値よりも3兆3000億円以上多いと分析しています。
 
日本の防衛関係費は、20年間でほぼ横ばい、30年間で1.2倍です。
 
中国の「公表」国防費は、10年間で2.4倍、20年間で11倍、30年間では44倍に増えています。
 
東シナ海において中国機に対する対領空侵犯措置が、今年の1-3月だけで150回以上繰り返され、尖閣諸島周辺で中国の公船による領海侵入が繰り返される状況で、日本の領土、領海、領空を守り、国民の平和な暮らしを守るために、今後、日本の国防をどうしていくか、しっかりと考えていきます。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする