即位礼及び大嘗祭後賢所御神楽の儀

2019.12.04

「来る12月4日、即位礼及び大嘗祭後賢所御神楽の儀を行われますので、御参列の向きは、午後4時10分までに賢所参集所に参集されますよう御案内申し上げます。
 
令和元年11月吉日
 
宮内庁長官 山本信一郎
 
防衛大臣 河野太郎殿」
 
参列の範囲は、次のとおりとする。
内閣総理大臣及び国務大臣並びに衆議院及び参議院の議長及び副議長並びに最高裁判所長官及び最高裁判所判事(長官代行)
認証官総代
各省庁の事務次官の総代
都道府県の総代
市町村の総代
その他別に定める者
 
参列者の服装
男性 
モーニングコート(ベストは黒色)
紋付羽織袴又はこれらに相当するもの
外套着用の場合は、黒色又は地味な色とし、マフラーは白色又は地味な色とする。
 
女性 
ロングドレス、デイドレス
白襟紋付(色留袖、訪問着)又はこれらに相当するもの
外套着用の場合は、落ち着いた淡い色のものが望ましい。
 
毛皮は避けること。
 
 
服装
天皇:御束帯(黄櫨染御袍)
皇后:御五衣・御小袿・御長袴
侍従、掌典長、掌典次長、掌典及び楽長:衣冠単
女官:袿袴
内掌典:衣袴、袿袴
掌典補、楽師:布衣単
出仕:雑色 モーニングコート又はこれに相当するもの
 
天皇のお列
掌典長 侍従(剣) 天皇 侍従(裾) 侍従(璽)
 
皇后のお列
掌典長 皇后 女官(裾)x2
 
即位礼及び大嘗祭後賢所御神楽の儀
12月4日午後3時、御殿を装飾する。
 
午後4時10分、大礼委員が休所に参集する。
 
次に参列の諸員が休所に参集する。
 
次に皇嗣、皇嗣妃、親王、親王妃、内親王及び女王が賢所参集所に参集される。
 
次に天皇、皇后が綾綺殿にお入りになる。
 
次に天皇に御服を供する(侍従が奉仕する)。
 
次に天皇に御手水を供する(侍従か奉仕する)。
 
次に天皇に御笏を供する(侍従が奉仕する)。
 
次に皇后に御服を供する(女官が奉仕する)。
 
次に皇后に御手水を供する(女官が奉仕する)。
 
次に皇后に御檜扇を供する(女官が奉仕する)。
 
時刻、御扉を開く。
 この間、神楽歌を奏する。
 
次に神饌及び弊物を供する。
 この間、神楽歌を奏する。
 
次に掌典長が祝詞を奏する。
 
次に大礼委員が着床する。
 
次に諸員が参進して幄舎に着床する。
 式部官が誘導する。
 
次に皇嗣、皇嗣妃、親王、親王妃、内親王及び女王が参進して幄舎に着床される。
 式部官が誘導する。
 
午後4時30分、天皇がお出ましになる。
 掌典長が前行し、侍従が剣璽を捧持し、侍従が随従する。
 
次に天皇が内陣の御座にお着きになる。侍従が剣璽を捧持し、外陣に候する。
 
次に天皇が御拝礼になる(御鈴を内掌典が奉仕する)。
 
次に天皇が御退出になる。
 前行及び随従は、お出ましの時と同じである。
 
次に皇后がお出ましになる。
 掌典長が前行し、女官が随従する。
 
次に皇后が内陣の御座にお着きになる。女官が簀子に候する。
 
次に皇后が御拝礼になる。
 
次に皇后が御退出になる。
 前行及び随従はお出ましに時と同じである。
 
次に皇嗣、皇嗣妃、親王、親王妃、内親王及び女王が拝礼される。
 
次に諸員が拝礼する。
 
次に大礼委員が拝礼する。
 
次に御神楽。
 
次に弊物及び神饌を撤する。
 この間、神楽歌を奏する。
 
次に御扉を閉じる。
 この間、神楽歌を奏する。
 
次に各退出する。
 



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする