適正な電波利用料

2016.11.02

テレビ局の電波利用料と放送事業による売り上げを比較してみると、

テレビ局の放送事業からの営業収益、営業利益と電波利用料の比較
放送局 営業収益 営業利益 電波利用料 単位は億円
NHK    6,860  189    21.8
日本テレビ 3,740  488    5.2
TBSテレビ 2,139   48    4.9
フジテレビ 3,190   81    4.7
テレビ朝日 2,443  149    4.9
テレビ東京 1.074   47    4.7

放送事業の営業収益と営業利益に対する電波利用料の割合(%)
NHK    0.32 11.5
日本テレビ 0.14 1.1
TBS 0.23 10.2
フジテレビ 0.15 5.9
テレビ朝日 0.20 3.3
テレビ東京 0.43 9.9

年間の営業収益に対する割合は1%以下だ。

つまり不動産に例えるならば、年間の家賃収入の1%以下ということになる。

固定資産の評価額の1.4%という固定資産税の税率と比較しても、国民の共有財産である電波を独占使用している対価である電波利用料が極めて低いのがわかる。

NHKと在京の民放キー局5社の電波利用料を合計しても46.2億円。

放送事業の営業収益の合計額に1.4%をかけると256億円。

ただしこれは不動産の評価額に1.4%をかけたのではなく、年間の家賃収入に1.4%をかけたことになる。

電波の価値に1.4%をかけるならば、電波利用料収入はもっと大きくなるはずだ。

電波の利用に対する適正な対価の支払いをテレビ局にも求める必要がある。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする