私のおすすめ

2016.09.29

winston

不定期に連載(?)している私の「御薦めの本」、今日はあのイギリスのボリス・ジョンソン現外相が書いた『チャーチルファクター』。

第二次大戦でイギリスを率いたウィンストン・チャーチルについての本です。

日本語訳も出ていますが、原作の英語も読みやすく、ウィットに富んでいます。

チャーチルは様々な名言(又は迷言)を残しています。

ずっと負け続けていた連合軍がエジプトのエルアラメインで勝ったとき

Now this is not the end.

It is not even the beginnin of the end.

But it is, perhaps, the end of the beginning.

イギリス空軍が、ドイツ空軍と英本土上空で戦って、英国を守ったバトルオブブリテンに関して

So much been owed by

So many to

So few.

イギリスで初めて女性の国会議員になったナンシー・アスター議員との会話

Winston, if I were your wife I would put poison in your coffee.

Nancy, if I were your husband I would drink it.

劇作家バーナード・ショーから彼の劇の初日の切符が二枚送られてきたが手紙が添えられていて

Bring a friend, if you have one.

チャーチル、それに答えて

I couldn’t make the first night, but would come to the second if there is one.

労働党の女性議員ベッシー・ブラドックとのやりとり

Winston, you are drunk.

Madam, you are ugly, and I will be sober in the morning.

アメリカを旅行中に鶏肉料理が出たときに、チャーチルは

May I have some breast?

それに対してその家の夫人が

Mr. Churchill, in this country we ask for white meat or dark meat.

次の日にチャーチルは彼女にランの花を送って

I would be obliged if you would pin this on your white meat.

フランスのヴィシー政権を批判して

Their generals told their Prime Minister and his divided cabinet, “In three weeks England will have her neck wrung like a chicken.” Some chicken! Some neck!

ホワイトハウスの晩餐会で隣に座ったインド独立運動の支援者オグデン・リード夫人からこう尋ねられて

What are you going to do about those wretched Indians?

チャーチル答えて

Before we proceed further let us get one thing clear. Are we talking about brown Indians in India, who have multiplied alarmingly under the benevolent British rule? Or are we speaking of the red Indians in America who, I understand, are almost extinct?

こんな名言ばかりが並んでいるわけではありません。 なぜ、ウィンストンチャーチルはチャーチルたり得たのか、大変熱心なリサーチの上に成り立っている分析です。

プレジデント社から出ている翻訳もあります。 英和どちらでもどうぞ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする