お盆の前倒しをできるのは誰か

2016.07.11

都知事選挙がまもなく始まる。

次の都知事は課題山積みだ。

例えば、次の知事は、お盆の前倒しをやらねばならない!

2020年の東京オリンピック・パラリンピック期間中の都内の交通をどうするのか。

首都高に本当にオリンピック専用レーンを設けるのか。

都内の交通規制をどうするのか。

現状で、オリンピック用の規制をやれば、社会的、経済的なダメージはものすごく大きい。

ならば、オリンピック期間中の東京をお盆状態にするしかない。

2020年のお盆を前倒しして、少し長くする。

都内の車の量を減らしておいて、そこでオリンピックの規制を掛ける。

そのためには、今回の都知事選挙の公約に「2020年のお盆を前倒しする」というのを入れて、世論の支持を背景に、仏教界と経済界と交渉するしかない。

もちろん都政の課題はこれだけではない。課題山積みの中で、これから東京が直面する課題にどう対応していくのか、候補者がきちんと説明できるかどうか、メディアがきちんと質問できるかどうか。

ポピュリストはいらない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする