国立公文書館の展示

2016.05.13

国立公文書館の春の特別展「徳川家康-将軍家蔵書からみるその生涯」が37日間の開催期間を終えました。

この間の来場者数、17,124人。

国立公文書館の今年度1年間の来場者数の目標が40,000人ですから、その三分の一以上をこの37日間で稼いだことになります。

5月3日から5日までの日本国憲法の原本の特別展示期間中の来場者は3,348人。

誠にありがとうございました。

さて、今後の展示のお知らせです。

5月21日から7月2日 「栄典のあゆみ 勲章と褒章」

7月16日から8月27日 「ようこそ地獄、たのしい地獄」
夏休みの楽しい展示です。ぜひお子様と御一緒に。

8月8日から8月15日 「終戦の詔書原本展示」

9月17日から10月16日 秋の特別展「時代を超えて輝く女性たち」

10月29日から12月17日 「書物を愛する人々」

ぜひ、カレンダーに印をつけてください。
(なお、詳しい展示会情報は、国立公文書館HPまで
 http://www.archives.go.jp/exhibition/index.html )

では、公文書館で会いましょう。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする