内閣府の変遷

2015.10.15

今回の内閣改造で、国務大臣、第75代国家公安委員長、行政改革担当、国家公務員制度担当、内閣府特命担当大臣(規制改革、防災、消費者及び食品安全)を拝命しました。

行政改革担当と国家公務員制度担当というのは、内閣官房の担務で、規制改革、防災、消費者及び食品安全というのは、内閣府の業務です。

自民党の行政改革推進本部長として、内閣官房及び内閣府のスリム化を行いましたが、内閣府はかなり複雑化しています。

森内閣の内閣府の組織図を見てみるとこんな感じです。

22

 

 

 

 

 

 

現在の内閣府の組織図は

11

一番たくさんぶら下がっているものが多いのが、私です。

かつては、大臣の下に、副大臣か政務官が一人ついて、そのペアで仕事をすることになっていました。

最近では、私の下に松本副大臣、酒井政務官がついていますが、彼らは別な大臣にもついています。内閣府は、大臣の数のほうが副大臣、政務官よりも多いという頭でっかちな組織です。

ちなみに牧島かれん政務官が、防災の「第4の政務官」として指名されています。

行政改革担当として、ここには手をつけなければと思っています。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする