ALSの日

2014.09.16

公益財団法人日本国際交流センターの渋澤健理事長もお盆明けにALSのアイスウォーターチャレンジの指名を受け、氷水をかぶりました。

その渋澤さんが「ALSの日」を提案しています。

「これから毎年、お盆明けに『ALSの日』を設け、全国でアイスバケツ祭りを実施したらいかがでしょう。日本の夏は暑いです。氷水を浴びて心身をさわやかにしながら、ALS支援の寄付活動につながる一石二鳥です。アメリカ発の寄付活動を、日本の特性である季節感と祭り文化を活かして恒久化する。これこそ、クールジャパンではないでしょうか。」

なかなか良いアイデアだと思います。

せっかくアイスウォーターチャレンジでALSに対する認知度が上がったのですから、これをさらに形にしていくことが必要だと思います。

夏に氷水をかぶることをお祭りにして、ALSに対する認識を維持していくのはアイデアだと思います。

馬鹿馬鹿しいお祭り騒ぎかもしれませんが、ALSの患者やそのご家族にとってはありがたいことだと思います。

興味がなければやらなければよいだけですから。

難病に関する予算もなかなか増やすことができない現状ですから、研究に関する予算が寄付の形で増えればたすかります。
ALSの日、どうでしょうか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする