野田新政権の船出

2011.09.04

野田佳彦新政権が船出した。

我々国会議員は、国のために国民の負託を受けて国会で仕事をするのだから、政府を担う与党か、それをチェックする野党かという立場の違いはあるが、国民のため、国のために一生懸命仕事をすることに変わりはない。

自民党がやるべきは、自民党ならこうやるというきちんとしたビジョン、プランを国民に示すことであり、政府案と比べてどこかどう優れているのかということを説明することである。

そりゃ、閣僚にもいろいろいる。総理自ら、外国人献金の失敗をやらかしている。きちんと謝罪し、反省してもらいたい。だが、我が国が直面している大きな問題を解決する方が、はるかに重要な問題だ。

予算委員会などで、閣僚個人のミスやスキャンダルを取り上げて、国が良くなるのか。

国民は、よく見ている。これまでは鳩山、菅両政権があまりにひどいから支持率が下がっていたのであって、国民が自民党が良いねといっていたわけではない。

与党攻撃はしてきたが、例えば、子ども手当をばらまきだと言って(あれは確かにばらまきだ)やめさせたが、では自民党は子育て支援をどうするという説明をしてきたとはいえない。

総選挙で負けた自民党が変わったのか。変わっていない。だから内閣支持率があれだけ下がっても、自民党の支持率は上がらなかった。

だめな総理が替われば、内閣支持率は上がり、民主党の支持率も上がる。自民党の支持率は低迷したままなのだから、おいていかれる。

国会ではしっかりと政策論争をしよう。相手の揚げ足をとるのはやめて、我々自民党はこうするということをしっかり訴えていこう。どちらがだめかという政治ではなく、どちらが優れているか、どちらかに夢を感じるか、どちらに共感できるか、どちらに納得するか、それを競おう。国民が希望を持てる政治をやろう。 



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする