8日の放射性物質の放出

2011.05.07

追記(5月8日) 福島原発の今日(5月8日)の作業にともなう放射性物質の放出は、極めて微量なものにとどまる見通しとのことです。「高濃度の放出」という言葉に、私が引っ張られすぎたかもしれません。申し訳ございません。

 

 

「東京電力は7日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋内から8日午後にも、放射性物質が外部へ放出される可能性があると発表した。」(読売新聞 2011年5月7日22時26分)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110507-OYT1T00628.htm

政府内で、8日にも高濃度の放出かと話が出ていたのはこのことのようだが、その認識のわりには、ずいぶんそっけない発表だ。

結果的に低濃度でした、直ちに健康に影響はありません、だったら結果オーライとでも考えているのだろうか。

どの程度の濃度になる可能性がどのぐらいあるのか、あるいは明日の気象状況ならば、どのぐらい拡散するのか、それこそSPEEDIの予測がきちんとわかりやすく公開されるべきではないのか。合同記者会見にした意味がない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする