2004年6月9日号

2004.06.09

臓器移植法の改正に関して議員連盟の会合が開催される。
せめて今国会中に法案提出にまではこぎつけたいと思っているのだが。
患者団体や医師会の盛り上がりが今ひとつという意見もあるが、やはり政治家がリーダーシップをとらなければならない。
うーん...。

参議院選挙期間中の日程調整を進める。何日間か泊まり込みで応援にいくことにもなりそうだ。暑い戦いになるのだろうが、熱い戦いになるのだろうか。
某国大使に誘われて昼食をご一緒する。ところで参議院選挙はどうだい、という話題に必ずなる。
各国大使はせっせとレポートを書いているようだ。どんな内容なのと聞くと、55−56議席と予測しているそうだ。

衆議院議長公邸の裏に千代田ハウスという建物がある。各階にレバノン、ヨルダン、パレスチナ、スーダンの大使館が入っている。
レバノン大使館のテラスでは時々アラビア風バーベキューが開かれる。昨日も四大使の他にカタール、トルコ、ルクセンブルグなどの大使も参加して料理に舌鼓をうつ。
本会議が二時間ずれたのを幸いに僕も参加する。

参議院の副議長の不信任案を出さないのはおかしい。議長、副議長は党派を離脱し公正、中立の立場にあるはずだ。その副議長が党利党略そのものの動きをし、さらにそれを咎めないのは院として全く狂っている。こんなことを放置するから議会制民主主義がおかしくなる。やっぱり参議院は必要ない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする