2004年1月29日号

2004.01.29

中東アラブ13カ国の大使をお招きしての夕食会。
昨年は平塚での湘南ベルマーレの試合観戦(Jリーグ初の中東出身監督だったモロッコ出身のサミア監督の応援)と夕食会だったが、今年は元中東担当外務大臣政務官の丸谷かおり代議士と二人で、夕食会を主催する。
話題はもちろんイラクがメインだが(イラクの臨時代理大使も出席いただいた)、やはり中東問題のコアであるパレスチナ問題と日本と中東の関係強化についても議論が白熱する。

朝は七時半スタート。八時五十分からテレビ出演。
議員会館に戻って今晩の夕食会の席順を確認。外交団長のジブチ大使を筆頭に、在任期間の最も短いスーダン大使まで大使の席順を決め、サウジアラビアとイラクの二人の臨時代理大使。
十時から消費者問題プロジェクトチームで消費者保護基本法の改正に関する論点整理。一週間の時間をもらって来週改正案のたたき台を提案する。
十時半から始まっている年金改革のワーキングチームになだれ込み、年金福祉施設に対する保険料の流用をしないこと、施設は原則廃止、民営化ということを確認する。
十二時半、本会議。外為法改正が衆議院を通過。
一時から外国船舶入港禁止法案に関する党内議論の合同会議。要綱案が承認され、条文作りに着手することになった。
二時、太郎塾エネルギープロジェクト打ち合わせ。
三時、国土交通省航空局、羽田拡張と横田の空域管制について。羽田の拡張を実施すると本土上空の米軍による管制空域に新たな回廊を設ける必要がある。それならば地位協定を改定し、本土上空の占領を終わらせるべきだ。
四時、某法案の打ち合わせ。
五時、年金問題に関する取材。
五時半、臓器移植法改正に関する取材。
六時十五分、衆議院法制局と臓器移植法改正案の打ち合わせ。
七時半、アラブ大使との夕食会。
十時半、夕食会お開き、帰宅。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする