2003年12月1日号

2003.12.01

臓器移植法改正に関する河野私案、ホームページをご覧下さい。
ご意見募集中です。

今日、平塚青年会議所を卒業した!
十年前にJCに入った時には、OBは中年のオッサンに見えた。まさか自分が卒業する時が来るとは思わなかった。
JCに入った頃は、現役は食事や飲み物に手を出すな、先輩にきちんと気を遣えと怒鳴られた。卒業式を終え、さあ、大手を振って飯を食うぞと意気込んだら、横で現役がガツガツと飯を食っていた。
まったく最近の若い奴らは!!

三位一体の改革で、補助金の一兆円カットを総理が指示。
補助金を止め税源を委譲し、何年間か期限を切って地方の財源格差を埋めなければならないかもしれないが、後は地方にも自立してもらわなければならない。
環境部会も当然、環境省の補助金をカットする。環境省は補助金を維持したいかもしれないが、環境省の補助金を全て一括交付金にしても良いと思う。
特殊法人改革の時も他の部会が役所の肩を持つ中で、環境部会は山本公一部会長、河野太郎部会長代理で環境事業団をたたきつぶした輝かしい歴史がある。やるべきことをやるのが環境部会だ。
環境部会の中に廃棄物・リサイクル資源の国際間移動に関する勉強会と一般廃棄物の有料化に関する勉強会を立ち上げることにする。
部会の中の小委員会の委員長人事もやらなければならないし、明日から始まる税調のヒアリングの準備も始める。
今年から政府税調が来年度の税制改正のことだけを取りまとめるようになった。そのため、環境税のような将来の問題は党税調の大綱に盛り込まなければ扱うところがない。

中国のODAに関して、外交部会に外務省が提出した資料がいい加減だったので、再説明をしてもらう。外務省資料はJICAの技術協力だけを取り上げていたが、政府全体では対中技術協力は、なんとその4倍の金額がある。おっと外務省の数字だけでやっていては議論を誤ることになる。

公益通報者保護制度の論点の取りまとめ、明日は2回目。年内にPTで方向性をきちんと出したい。
消費者基本法の議員立法に向けてのヒアリングも年内に開始する。
北朝鮮向けの送金停止を可能にする外為法も通常国会にかかるようだし、船舶の入港拒否を可能にする法案作りも早急に進める。
同時に臓器移植法の改正案も通常国会に向けて作業をやらねば。

国会攻略本、安倍幹事長のコメントを頂き、新聞広告が出るようになりました。ご感想をお待ちしています!



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする