2003年9月8日号

2003.09.08

総裁選挙。
立候補受付が始まる直前に、若手グループは十九人。候補者プラス推薦人二十人の二十一人が必要だから、二人足りず、瓦解した。この試験だけは零点か、百点の試験で、九十五点も意味はない。
二十一人集まったら、そこで投票で候補者を決めるというルールだったので、候補者は決めず。

菅、小此木の両代議士とは、国鉄長期債務の問題で若手が結託して本会議で造反し、梶山静六の総裁選挙をやって負け、また今回も一緒になった。なんとなく、いろいろな政治家の行動パターンがわかってきた。政治改革の闘争をやった三回生は、あのときに裏切り、敵前逃亡などを何度も経験しているせいか、二回生、一回生よりもかなりシビアに、人を見ている。

残った四人の候補者の中では、小泉純一郎しか選択はない。
小泉さんには、敵と妥協することなく、改革を進めてもらいたい。
きちんとそれを後押しし、目を光らせるのが我々のグループの仕事だ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする