2003年3月23日号

2003.03.23

地元の挨拶回りをぬって平塚競輪場へ。
第11レースは、競輪の第五十六回日本選手権(G1)。
日本自転車振興会会長、自転車競技会全国協議会会長、全国競輪施行者協議会理事長、全国競輪場施設協会会長、経産省の担当課長等々にご挨拶。
今や競輪といえば、平塚か立川の時代だ。しかし、不況の波を受けて、メインレース、売り上げ目標の四十億円に遙か達せず、三十億円に達するかどうか。全体でも売り上げは三百億円にいくかどうか。最盛期にこのレースは四百三十億円の売り上げがあったそうだ。一昨年三百七十億円、去年三百三十億円、そして今年は三百億円と、一割ずつ売り上げが減少していく。開催する自治体にとっては深刻だ。

今日最後の日程は、US-Japan Leadership Programのミーティング。
最初の五年間は米日財団の予算があるが、原則から言うと六年目からは自立する方向で動かなくてはならない。将来の方向性をいろいろな角度から検討する。アメリカ側は、すでに税に関する特典がある口座を開き、フェローに対する旅費の負担などを始めている。やはり、日本のNPO税制の遅れが日米格差につながる。
今年のメンバーは募集に対して十倍近い応募があったとか。プログラムの質を落とさず、コストをどう削減していくか。
プログラムの参加者の防大の教官が今日の卒業式を終え、防大名物の戦車饅頭と瓦せんべいを手みやげにミーティングに参加。珍しいデザインで、しかもおいしかった。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする