2002年11月10日号

2002.11.10

生体肝移植を受けた知人の二十歳になるお嬢さんが亡くなられた。
手術の前に、彼女がご家族に宛てて書いた手紙を読んで、涙が出てきた。あらためて、肝移植のリスクを再認識することになった。
ご冥福をお祈りするとともに、ドナーとなられた家族の心身のすみやかな回復を願う。

横浜で開かれた歯科医療とC型肝炎に関するシンポジウムで基調講演を行うとともに、パネリストを務める。
B型肝炎の感染対策がきちんとできていれば、HIVやHCVの感染対策でがたがたしなくてすんだのではないかとの指摘が鋭く突き刺さる。感染症の予防に関する予算も施策も甘すぎるのではないかというご指摘がフロアから出される。どこで、予算を使うか。予防に使うのが一番安上がりなはずだ。

民主党の松沢代議士、民主党をあきらめ県知事選出馬へ。地方選挙の応援という名目で、県内あちこちに顔を出す。
自民党県連には、河野太郎が出馬しないならば、河野洋平という声もあるそうだ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする