2001年7月12日号

2001.07.12

このメールマガジンは、私が、個人的に一人で書いております。
大体、国会中は、寝る前の一時間で、メールマガジンの原稿書きとホームページの更新と頂いたメールの返信をしております。睡眠時間プラスパソコンの前の時間イコール一定という関係にあるため、一時間を超えると平常の睡眠時間が削られることになり、一時間を超えないように、メールの返信を削ってきました。
国会終了後、国会の終盤近くから溜まりまくっているメールの返信を書き続けてきましたが、そうこうしているうちに参議院選挙に入り、それもGive upせざるを得ない状況です。返信できていないメールがまだたくさんありますが、さらにメールがその上に積み重なってしまって...。
ごめんなさい。
読みにくいので、行間をあけてくれというメールも頂きましたが、実際にやってみると、べた打ちに比べ、結構手間がかかります。余裕ができるまで、このスタイルにおつきあいください。(そのうちにお客様満足度調査を一度やらねばなりませんね)

十二日。参議院選挙公示。ちなみに国政選挙は、憲法七条の四に定める天皇の国事行為であり、公示ですが、地方選挙は、地域の選挙管理委員会ですので、告示です。
九時から横浜の選挙事務所で神事。出陣式まで時間があるので、横浜市連事務所にはじめてお邪魔して、市連幹部のみなさまとお茶。
十一時に出陣式。選挙区順に一言発言をということで、後ろを見たら僕の次は河野洋平だったので、マイクを持って候補者にエールを送ったあと、二十一世紀は河野といえば太郎です。新しい時代を作りましょう。と言って壇上から降りた。すぐ次に、何をいうか、十年早い、と切り替えされたが。
一時から桜木町で第一声。熱心に聞いてくださる方がいらっしゃったので、候補者のビラ持って行って、お読みくださいと声をかけたら、候補者の叔父さんと叔母さんだった。暑い中、ありがとうございます。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする