2001年3月1日号

2001.03.01

八時半。環境部会。部会長いないので仕切る。浄化槽法改正案、NOx法改正案、そして温泉法改正案。とりあえず浄化槽法に文句いうはずだったこっちが仕切ることになり、三法ともあっさり承認。フロン法の状況説明をして簡単に終わるはずが、参加した議員同士がけんかになる。おめえ、ふざけんなって結構あれる議員が約一名。相手は当選回数一回少ないのに年上だから、もっと丁寧な口をきけよと思うが、相手の方は大人で突っかかってきたのを軽く受け流しておしまい。

九時十分。総務委員会。地方税の質疑をやっている。十時からの政審で説明しなければならないので必死に内職。

十時。院内第二十六控え室で政審。温泉法は昭和二十三年の第二回国会でできたもので、条文の日本語が古い。この際全面的に文言も書き換えるため、環境省と法制局で見直すため、今日は上程しない。浄化槽とNOxの二つを説明する。と、馳浩代議士が、浄化槽に関し、何で二つの資格が必要なのか、まさか別々な団体がやっているんではないだろうね、と突っ込む。そこで、こっちは、問題意識をべらべらとしゃべり、とりあえず、今回は平成八年の閣議決定に沿った法改正だが、次は全面的に見直したい。
馳さんのおかげで、言いたくても今日の部会でいえなかったことを全部発言できた。君は本当にすばらしい!
次に大先輩から浄化槽について。
-この改正は、これまでの浄化槽にも適用されるのか。
-おっしゃるとおりです。
-ここで言う浄化槽と建築基準法の浄化槽は同じなのか。
-同じです。
-合併浄化槽と浄化槽の違いは何だ。
-浄化槽の一つの形態が合併浄化槽です。
-何でこの資料には、合併浄化槽の、と言う風に書いてあるんだ。
-今後は合併浄化槽のみしか造れないからです。
-この改正はこれまでの浄化槽にも適用されると言ったではないか。これまでの浄化槽には合併浄化槽以外のものもあるだろう。
-そのとおりです。
-じゃあ、この資料はおかしいではないか。ここは、浄化槽と書くべきだ。
-おっしゃるとおりです。すみません。
なんかぼろぼろになったが、二法案とも了承された。

政審終了後。議員会館でフロンネットの発足一周年の会合。
自民党内の調整の状況の説明をするが、野党のフクヤマとかコンドウとかが、いじめる。まあ、外から見れば自民党の党内調整の問題としか見えないから、仕方ない。ただ、みんな状況をよくわかっているくせにからかっていじめる。フン、いまにみていろい。

昼飯食べて、地位協定を勉強する若手の会の発起人準備会。

一時から馳代議士と二人でゼロエミッション研究会で大学生と質疑。
二時からBBCのテレビインタビュー。
二時半から取材。インターネット上で見るインタビュー番組。
三時。外務委員長室でデンマーク国会議長の訪問に関する勉強会。
四時。医療保険制度の改革を考える若手議員の会勉強会。
五時半。アメリカのラフルア公使宅で、アメリカの外交評議会の韓国タスクフォースのメンバーと韓国情勢の意見交換。マイク・グリーンはNSCにいくらしい。
太陽政策について、北朝鮮は何か変わったのか。北朝鮮の脅威レベルに変化無し。韓国が合意された枠組みから逸脱しないようにする事が大事だと力説するメンバーが多い。KEDOの枠組みを逸脱し、南から北に直接電力供給という話がでている。
厚木でのNLPは今回も実施されているのに、マスコミは実施しなかったと報道。どうなっているのか。米側に確認をお願いする。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする