原子力規制組織の独立性

2012.02.09

自民党の原子力規制庁に関する法案がまとまった。

政府案との違いのひとつは、政府からの独立性の違いにある。

自民党案と政府案、それに各国の規制組織の独立性に関する比較をしてみると、

                             自民党案      政府案              米        仏        英

独立性                独立              政府の一省庁   独立   独立   独立

許認可(免許)   三条委員会  環境相より委任  NRC  ASN  ONR

規制                   三条委員会  政府の一省庁    NRC  ASN  ONR

危機管理OnSite三条委員会   総理                  NRC  ASN  ONR

危機管理OffSite  総理              総理                 州政府  県     国

放射線防護        三条委員会 文科省                NRC   ASN  ONR

核セキュリティ   三条委員会  規制庁・文科省   NRC   ASN  ONR

保障措置           三条委員会  文科省                NRC    EURATOM

さらに細かく三条委員会と政府の一省庁としての規制庁を比較すると、

              三条委員会(自民党案)   規制庁(政府案)
権限          独立権限                 政府の一省庁

人事          国会同意人事             内閣・大臣が任命

予算          独立予算                 環境省予算・エネ特

しかも政府案では規制庁の職員のうち、審議官級以上の7ポストにだけノーリターンルールを適用する。

政府案では、今回の事故を招いた独立性、専門性の欠如に対する改善にはならないし、IAEAのルールにも合致していないのではないか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする