おかしいぞ、復興予算

国民に増税をお願いした復興予算だが、本家本元の財務省までが、かなりの流用をしている。

例えば2011年の三次補正の復興予算で、12億円を使って、12の税務署の耐震改修をやっている。

大阪福島、姫路、荒川、龍ヶ崎、古河、富岡、向島、藤沢、館山、武蔵野、柏原、舞鶴。

2012年当初予算の復興予算に、大阪福島、姫路、荒川の3税務署の改修予算5億6000万円が計上され、2013年度の概算要求に大阪福島、姫路の2税務署の改修予算3億2200万円が含まれている。

その一方で、壊れた横浜税関仙台コンテナ検査センターの検査機器の更新については、ようやく2013年の概算要求に12億円が計上された。

財務省の来年度の概算要求の資料をみると、「大型X線検査装置の復旧等」という項目がある。ああ、これが仙台のコンテナ検査センターの機器だなと思うと、要求金額が24億8100万円とある。

ん、と思うと、この「大型X線検査装置の復旧等」の「等」のなかに、大阪福島税務署と姫路税務署の改修費3億2200万円と国税庁の国税総合管理(KSK)システムの改修費8億4000万円が潜り込んでいる。

増税による復興予算なのだから、支出は被災地の復興に効果的な予算を明朗に支出すべきであり、財務省はその先頭に立っているべきだが、その財務省が復興予算を自らどがちゃがしていては、他省庁に示しがつかない。

安住大臣は自ら襟を正す必要があるし、国会の予算委員会のシステムも根本から改めて、一つ一つの項目を審査できるよう、全ての常任委員会に小委員会を設け、各省の予算を審査する体制をつくるべきだ。



ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書
河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

twitter



河野太郎にメールする