ウクライナと食糧危機

2022.03.23

プーチンによるウクライナ侵略は、世界経済にもさまざまな影響を及ぼしています。

特にロシアからの天然ガスに依存しているヨーロッパのエネルギー危機は、日本でもさかんに報道されています。

しかし、今回のウクライナ侵略は、世界の食糧にも大きな影響を及ぼしています。

ロシアとウクライナ両国であわせて国際市場のなかで小麦の30%とトウモロコシの20%を供給していました。

さらにこの両国で国際市場への供給でみると、ひまわりの実の75%、大麦の33%を占めています。

ロシアはウクライナからの食糧を制止し、また、経済制裁が進む中で、国際社会とロシアとの穀物取引が停止しています。

この結果、1350万トンの小麦、この両国の輸出量の23%、と1600万トンのトウモロコシ、両国の輸出の43%、がこの両国に滞留している状況です。

さらに貨物船がミサイルで攻撃されたということもあり、黒海を航行する船舶の保険が急激に上昇しています。

こうしたこともあり、FAOの出す食糧価格インデックスは2022年2月に史上最高値をつけました。

また、世界中の難民などを支援しているWFPも、小麦やトウモロコシの調達コストが跳ね上がるため、支援に必要とされるコストが大きく増加し、各国からの追加財政支援が必要になります。

その額は、食糧とエネルギーをあわせて、WFPの試算では毎月70億円を超えるとみられています。

2020年におけるウクライナからの小麦輸入量ランキングは
百万トン 国名
3.08 エジプト
2.72 インドネシア
1.51 バングラデシュ
1.24 パキスタン
1.00 トルコ
0.98 チュニジア
0.95 モロッコ
0.71 イエメン
0.61 レバノン
0.63 フィリピン

2020年におけるロシアからの小麦輸入量ランキングは
百万トン 国名
8.25 エジプト
7.90 トルコ
1.94 バングラデシュ
1.39 アゼルバイジャン
1.33 スーダン
1.17 パキスタン
1.00 ナイジェリア
0.80 イエメン
0.70 タンザニア
0.67 UAE



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム SSL GMOグローバルサインのサイトシール

河野太郎にメールする