8月27日記者会見(ワクチン関連)

2021.08.29

ワクチンの総接種回数は、1億2,000万回を超えました(1億2,453万回)。

高齢者で1回目の接種を終えた方の割合は89.3%と9割に近づいています。

モデルナ社ワクチンについて、複数の接種施設から異物混入の報告があったことを受けて、3ロットの使用を見合わせています。

この3ロットは約163万回分に相当し、現在そのうちの約50万回分が接種済みと認識しています。

異物混入の報告があったのはこのうちの1つのロットです。

それ以外の2ロットについては、未使用での異物混入の報告はありませんが、製造工程中での同様の異物混入のリスクが否定できないため、併せて使用を見合わせることとしました。

混入した異物の詳細や混入原因等については、現在、ワクチンの製造元であるモデルナ社において調査が行われています。

今回の使用見合わせによる代替品の供給については、代替品納入の必要量や希望時期の調査を直ちに始めており、8月26日15時時点で494会場から代替品の配送希望のご連絡をいただいています。

このうち、190会場、約35万回分について、今週末までに代替品の配送を希望されており、8月29日までにお届けできるよう、調整しています。

ワクチン接種への影響を最小限にできるように、対応してまいります。

ファイザー社ワクチンについては、9月の3クール(第13から15クール)で、各自治体に、12歳以上人口の8割に2回接種できる量を供給できるように、基本枠の配分量を都道府県にお示ししました。

都道府県には市区町村へ早めにワクチンの供給の見通しをお知らせいただき、市区町村においてはその見通しを踏まえて計画的に接種を進めていただきたいと思います。

第14クールの調整枠1,557箱については、足元で高齢者の接種率が9割近くになっている状況も踏まえ、以下のとおり配分することとします。

1.まず、高齢者の接種率が8割を超えた都道府県については、8割を超えた接種回数分に応じて調整枠を配分します。

2.9月の3クールで12歳以上の対象人口の8割が2回接種できるようお配りすることとしましたが、それ以前の接種スピードが速かった都道府県では、第12クールから第13クールにかけて供給量が大幅に減少しています。

第13クールが、第12クールから2割以上減少した都道府県に対し、2割を超えて減少した分の半分を上乗せして配分することとします。

ただし、この上乗せを行わなくとも、対象人口の9割以上のワクチンが配分されると見込まれる都県についてはこの上乗せの対象外とします。

なお、第13から15クールの基本枠の配分に当たっては、8月1日までに配分したモデルナ社ワクチンのみを考慮しております。

したがって、8月2日以降に配分されたモデルナ社ワクチンと第14・15クールの調整枠とを合わせると、接種率8割を超えることが可能です。

モデルナ社のワクチンについては、8月23日の週にはお待ちいただいている全ての大学拠点接種、8月30日の週には全ての職域接種の会場にワクチンをお届けできる見込みです。

この供給については、異物混入で使用を見合わせていることとは関係なく、予定通り配送できる見込みです。

緊急事態宣言の対象地域をはじめ、各都道府県に大規模接種会場への供給の要望を確認しました。

この結果、既存の会場への供給の増量や期間の延長に加え、127カ所の大規模接種会場の新設の要望をいただきました。

緊急事態宣言地域は8月30日の週から、それ以外の地域でも9月6日の週から、ワクチンをお届けしていくことになります。

こうした大規模接種会場への供給の増量や、新設の会場にお届けするワクチンは、各都道府県が接種率8割を達成するために必要なワクチンに加えて配分するものです。

各都道府県において、接種率が8割を超える場合にもしっかりと対応してまいります。

なお、VRSを通じて接種の進捗状況をできる限り迅速かつ正確に把握することが重要ですので、企業や大学、自治体におかれては、接種後速やかにVRSへ入力いただくよう、お願いいたします。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム SSL GMOグローバルサインのサイトシール

河野太郎にメールする