社会保障

こんなに低い保険料納付率

厚労省大本営発表の国民年金保険料納付率は 2007 63.9% 2008 62.1 2009 60.0 2010 59.3 2011 58.6 2012 59.0 長ーいトンネルを抜けて、2012年に納付率が若干、上昇し …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

まだ年金を誤魔化すのか

自民党の朝8時からの部会で、年金の積立金の議論。 厚労省年金局の資料の中にこうある。 「公的年金加入対象者全体でみると、約95%の者が保険料を納付」 後ろにカッコ書きで 「(免除及び納付猶予を含む)」 「未納者は約296 …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

医療保険の問題

我が国の健康保険制度は、おおざっぱに言うと、国民健康保険(市町村国保)、協会けんぽ、健保(組合健保)、共済組合、後期高齢者医療制度に分けられる。 健保と国保を比べてみると、健保は若く、医療費が安く、所得が高く、国保は、定 …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

医療保険の問題2

健康保険には国民健康保険、協会けんぽ、健保組合等様々な種類があります。 4人家族で(妻は専業主婦、子供2人という「モデル」世帯)、収入が500万円の世帯の場合、全国平均で、それぞれの保険料がどうなるかを計算したのが下記で …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

医療保険の問題3

非正規雇用の若者が直面している問題の一つがここにあります。 下の表は、厚労省保険局が作成した、平成22年度の市町村国民健康保険の所得階級別、一世帯あたり保険料調定額の一覧表です。 それぞれの所得階級ごとに、保険料負担が所 …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

厚生年金の虚像

2009年に厚労省がやった年金の財政検証の前提条件は、積立金の運用利回り4.1%、国民年金保険料納付率80%、賃金上昇率2.5%など、都合のよい前提条件ばかりを並べている。 そこで、2009年の財政検証の前提条件のうち、 …続きを読む


» 主張・政策

詳細はこちら

医療保険改革の方向性

現在の日本の健康保険には国民健康保険、協会けんぽ、健保組合等様々な種類があります。 4人家族で(妻は専業主婦、子供2人という「モデル」世帯)、収入が500万円の世帯の場合、全国平均で、それぞれの保険料がどうなるかを衆議院 …続きを読む


» 社会保障

詳細はこちら

年金制度を抜本的に考える会」の提言

「年金制度を抜本的に考える会」の提言がまとまりました。 私が総裁選挙にあたって訴えた内容をさらに詰めた完成度の高い提案になっています。 あたらしい年金制度の確立のために努力して参ります。(PDF 2.39MB)


» 社会保障

詳細はこちら

いまこそ、年金制度の抜本改革を。

年金制度改革に関する提言をUPしました。 年金提言最終版.doc(ワードファイル)


» 社会保障

詳細はこちら


ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書
河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

twitter



河野太郎にメールする