ごまめの歯ぎしり

それでも研究者の皆様へ

研究費に関するローカルルールが研究者の研究を阻害しているということをもう少し明確に関係各所に訴えるため、研究の阻害になっている、あるいは無駄な事務作業を発生させている、必要なことができないなどの原因となっているローカルル …続きを読む


2016.12.02 | 詳細はこちら

さらにまたしても研究者の皆様へ

統計について。 e-Statの上部にある「お問い合わせ」から、具体的にxx省のxx統計のxx表のどこをどうなおしてほしいという要望を入れてください。 抽象的な要望には対応できないので対応しません。 具体的な表が指示されて …続きを読む


2016.12.01 | 詳細はこちら

またしても研究者の皆様へ

まず、国立大学の職員の雇止め問題に関しては、文科省と厚労省が協議をすることになりました。 それを受けて、各国立大学が、単なる文言ではなく、客観的なルールを来年度の契約更新前までに策定し、提示することになる予定です。 文科 …続きを読む


2016.12.01 | 詳細はこちら

続どーしても核燃料サイクルをやりたい

どーしても核燃料サイクルをやりたい経産省、続き。 どーしても核燃料サイクルをやりたい経産省は、次々と奇妙な資料を作る。 「再処理したら新しい燃料が一割、二割」に続いて、今度は、再処理したら廃棄物の有害度が低減する! 使用 …続きを読む


2016.11.29 | 詳細はこちら

どーしても核燃料サイクルをやりたい!?

経産省の中に、核燃料サイクルをどーしても、どーしても、どーしてもやりたい人たちがいるようで、とんでもない説明資料を作って自民党の部会や調査会に持ってきたりする。 そのなかに「軽水炉サイクルにおいては、新たに1割、2割の燃 …続きを読む


2016.11.26 | 詳細はこちら

またすこし研究者の皆様へ

文科省からの職務分野別国立大学職員数です。 平成16年度 25年度 26年度 27年度 全職員 56,484 72,214 76,215 78,706   事務系 23,991 25,253 26,592 27,229 …続きを読む


2016.11.25 | 詳細はこちら

大島堅一教授による原発コスト試算

11月17日に開かれた第61回国会エネルギー調査会で基調提起された大島堅一立命館大学教授による「原発の発電コストへの影響」によると 東京電力 電力九社 25,647 85,720  2010年度までの発電量(億kWh) …続きを読む


2016.11.19 | 詳細はこちら

また研究者の皆様へ

以前問題提起された政府統計に関して、自民党の行革推進本部と総務省統計局と打ち合わせの結果、予算面の制約を考え、ニーズの高い統計から改善していこうということになりました。 現在DB化されている政府統計に関しては問題がないも …続きを読む


2016.11.19 | 詳細はこちら

もうちよっと研究者の皆様へ

まだ時差ボケですが、文科省、内閣府と打ち合わせしました。 まず、学会出席などの時に、託児費用を研究費から「出せます」。 研究に必要な経費として、明示されていないけれども出せるというのが文科省の見解です。 競争的資金の様々 …続きを読む


2016.11.17 | 詳細はこちら

原発は安くない!?

これまで経産省は、原発のコストは安いの一点張りだった。 原発のコストには、事故による社会的コストも含まれていて、それでも一番安いというのが定番だった。 が、しかし、but、今日、経産省は、原発のコストが安いというのは、モ …続きを読む


2016.11.12 | 詳細はこちら


ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする