財政再建

日銀の出口戦略のリスク

日銀の金融政策についての論考 平成29年4月19日 自由民主党 行政改革推進本部 (1)黒田日銀総裁の下での果断な金融緩和策等により「もはやデフレではない」状況を作り出した。その結果、名目GDPと実質GDPのねじれの解消 …続きを読む


2017.04.19 | 詳細はこちら

医療費を考える

赤字国債を出さずに当初予算を組めた最後の年は平成2年でした。その平成2年度と新年度の当初予算を比較してみます。 単位は兆円です。   H2  H29  伸び率 税収   58.0  57.7    99.5% その他収入 …続きを読む


2017.03.25 | 詳細はこちら

小児医療費を考える

平成15年から平成25年までの年齢別の一人当たり医療費の伸びを、後期高齢者(74歳以上)と小児(14歳以下)で比較してみると、下記のようになります。 年齢   伸び率(平成15年=100)  0- 4 123%  5-  …続きを読む


2017.03.24 | 詳細はこちら

謹賀新年研究者の皆様へ

さて、昨年末、細かいことはよいから科学技術振興予算をもっと増やしてほしいという要望をいただきました。 研究者の皆様の中に、科学技術振興予算をもっと増やせるという幻想を抱いている方がいらっしゃったら、年明け早々にも現実を直 …続きを読む


2017.01.09 | 詳細はこちら

行政改革推進本部 行政事業レビューチーム 提言

自民党の行政改革推進本部 行政事業レビューチームの提言がまとまりましたので、本日官邸に提出しました。 統計情報、研究費に係る制度の改革、エネルギー・原子力政策関連予算などに始まり、各省の事業予算に至るまでをカバーしていま …続きを読む


2016.12.14 | 詳細はこちら

ちょっと研究者の皆様へ

すみません、続研究者の皆様へから続々々研究者の皆様へに一足飛びに行ってしまったようです。 多くのコメントをいただいております。研究費、運営費交付金などの話はまとめて致しますが、個別事案もいろいろいただいております。 まず …続きを読む


2016.11.11 | 詳細はこちら

続々々研究者の皆様へ

非常に多くの方々から、コメントをいただいております。ありがとうございます。 コメントの分析などに少しお時間をいただきます。 新しいデータもありますので、お知らせします。 ただし、さまざまなデータの定義が違っていたり、含ま …続きを読む


2016.11.10 | 詳細はこちら

続研究者の皆様へ

「研究者の皆様へ」に対して、早速コメントをたくさんいただいています。 寄せられたコメントに関するとりあえずの打ち返しです。 その一、近年、基礎研究への研究費が削られているというご指摘に関して、総務省統計局の科学技術研究調 …続きを読む


2016.11.10 | 詳細はこちら

研究者の皆様へ

研究者の皆様から、様々なご意見をいただきました。 それに基づき、データを集めました。 それに関して、皆様からのご意見等をいただきたいと思います。 その一、近年、基礎研究への研究費が削られているというご指摘。 総務省統計局 …続きを読む


2016.11.10 | 詳細はこちら

適正な電波利用料

テレビ局の電波利用料と放送事業による売り上げを比較してみると、 テレビ局の放送事業からの営業収益、営業利益と電波利用料の比較 放送局 営業収益 営業利益 電波利用料 単位は億円 NHK    6,860  189     …続きを読む


2016.11.02 | 詳細はこちら


ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする