核燃料サイクル

自民党新潟市支部新年会でエネルギー政策を訴える

自民党新潟市支部の新年会にお招きをいただきました。 新潟県では、原発が大きな争点となった知事選挙が行われ、脱原発派の米山隆一候補が原発推進派の自民党が支援した候補者を破って当選しました。 そんなこともあり、新潟一区の石崎 …続きを読む


2017.02.11 | 詳細はこちら

あら研究者の皆様へ

平成29年度の予算案が閣議決定されました。 国立大学法人運営費交付金等は、10,945億円から10,971億円に+0.2%増。 基幹経費の一部が削減され、そのおよそ2分の1を使って、組織改革のイニシャルコストを重点的に支 …続きを読む


2016.12.22 | 詳細はこちら

行政改革推進本部 行政事業レビューチーム 提言

自民党の行政改革推進本部 行政事業レビューチームの提言がまとまりましたので、本日官邸に提出しました。 統計情報、研究費に係る制度の改革、エネルギー・原子力政策関連予算などに始まり、各省の事業予算に至るまでをカバーしていま …続きを読む


2016.12.14 | 詳細はこちら

原発ゼロの会談話

 東電賠償・廃炉費用、老朽炉廃炉費用の託送料金上乗せについて(談話)                           2016年12月7日                           原発ゼロの会役員  東京 …続きを読む


2016.12.08 | 詳細はこちら

続どーしても核燃料サイクルをやりたい

どーしても核燃料サイクルをやりたい経産省、続き。 どーしても核燃料サイクルをやりたい経産省は、次々と奇妙な資料を作る。 「再処理したら新しい燃料が一割、二割」に続いて、今度は、再処理したら廃棄物の有害度が低減する! 使用 …続きを読む


2016.11.29 | 詳細はこちら

どーしても核燃料サイクルをやりたい!?

経産省の中に、核燃料サイクルをどーしても、どーしても、どーしてもやりたい人たちがいるようで、とんでもない説明資料を作って自民党の部会や調査会に持ってきたりする。 そのなかに「軽水炉サイクルにおいては、新たに1割、2割の燃 …続きを読む


2016.11.26 | 詳細はこちら

大島堅一教授による原発コスト試算

11月17日に開かれた第61回国会エネルギー調査会で基調提起された大島堅一立命館大学教授による「原発の発電コストへの影響」によると 東京電力 電力九社 25,647 85,720  2010年度までの発電量(億kWh) …続きを読む


2016.11.19 | 詳細はこちら

原発は安くない!?

これまで経産省は、原発のコストは安いの一点張りだった。 原発のコストには、事故による社会的コストも含まれていて、それでも一番安いというのが定番だった。 が、しかし、but、今日、経産省は、原発のコストが安いというのは、モ …続きを読む


2016.11.12 | 詳細はこちら

自民党内の風

2016年10月27日朝8時に開催された自民党原子力政策・需給問題当調査会原子力政策小委員会合同会議で出された意見。 河野太郎 東電の除染・中間貯蔵の費用が前提と大きく違っている。実際の数字をきちんと示すべき。いまだに原 …続きを読む


2016.10.28 | 詳細はこちら

続続東電の未払い

7月12日の時点で、除染費用は東電に対して7073億円から求償され、その59%にあたる4194億円しか東京電力は支払っていませんでした。 9月末の時点で、東電に対して求償された金額は1兆80億円となり、そのうち東電が支払 …続きを読む


2016.10.07 | 詳細はこちら



河野太郎にメールする