年金問題

年金は王道でいこう

代表質問。 民主党の小沢代表。 本当に腹が立った。野次は良くないというお叱りはあるが、野次った。教育をテーマにする国会なのに品がないというご意見も頂戴した。そこのところはお詫びするしかない。 国民年金を税方式でやろうとい …続きを読む


2007.01.29 | 詳細はこちら

不思議な採決

ある会合で麻生外務大臣のメッセージを代読することに。 が、封筒から出てきたのは巻紙に毛筆で書かれた手紙。 達筆で読めない! 最初から読めず、あー、うー。これじゃ始まらないので、ええい、拝啓。で、そこからは時々うなりながら …続きを読む


2006.12.14 | 詳細はこちら

社会保険庁改革

社会保険庁改革の議論が迷走している。 社会保険庁という組織は必要なのかどうかまできちんとさかのぼって議論しなければならない。 大事なことは、年金保険料を使って組織を維持しないこと。 そのためには国税庁に徴収させるべきでは …続きを読む


2006.10.31 | 詳細はこちら

河野太郎 vs 安倍晋三

安倍晋三著「美しい国へ」には致命的な欠陥がある。 この本は、あのアカデミー賞に輝いたミリオンダラーベイビーのあらすじを暴露してしまっている。 あーあ、あの映画観たかったのに、結末がわかっちまったぜ。 ミリオンダラーベイビ …続きを読む


2006.08.07 | 詳細はこちら

登記識別情報のミス

2ちゃんねるの管理人、ひろゆき氏と対談。 年金改革なんてこれまでいろんな人が言っていることを同じ言葉使って言ったってインパクトがないじゃないと、最初からダウンを奪われる。 いくら理想を言っても聞いてもらえなければしょうが …続きを読む


2006.08.02 | 詳細はこちら

あなたはどっち派?

六十五歳以降毎月29万円の年金支給を可能にする河野プランに関する皆様のご意見をお待ちしています。 http://www.taro.org/policy/sosaisen/ ごまめの歯ぎしりもブログ化しました。 http: …続きを読む


2006.06.27 | 詳細はこちら

ふるさと税

社会保険庁が組織ぐるみで嘘をついて徴収率を引き上げなければならないような状況にまでなって、まだ保険料で国民年金をやる意味があるのだろうか。厚労省の社会保険庁を温存したいという思いだけではないのか。 基礎年金は最低限の保証 …続きを読む


2006.05.25 | 詳細はこちら

年金改革の方向

一億二千七百万人の現在の日本の人口は、西暦二千五十年には一億人を割り込み、その三人に一人は六十五歳以上の高齢者になる。 こうした現実を前に、今、日本の政治がやらなければならない最大の問題は、信頼できる年金制度を創り出すこ …続きを読む


2006.05.24 | 詳細はこちら

総裁選挙出馬記者会見の報告(遅くなりました)

総裁選挙に出馬する意向を、先週の木曜日に記者会見で発表しました。 ケネディ大統領の就任演説のような格調高い出馬にあたっての文章を書こうと思っておりましたが、なかなかかっこよく書けず、時間だけが経っていくので、とりあえず、 …続きを読む


2006.05.14 | 詳細はこちら

2005年12月9日号

来年9月の自民党総裁選挙への出馬表明をしたんですが... 総裁選挙のルール変更、例えば推薦人の二十人を緩和したり、廃止したり、もっとオープンに総裁を選んでいこうというプロジェクトがスタートし、その記者会見が党本部四階の記 …続きを読む


2005.12.09 | 詳細はこちら


ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする