パキスタン・スリランカ・モルジブ出張

2018.01.11

新年3日から、南アジアのパキスタン・スリランカ・モルジブの3か国を訪問しました。

日本の外相の訪問は、パキスタンは9年ぶり、スリランカはなんと15年ぶりです。最後にスリランカを訪問したのは川口順子外相です。

そしてモルジブは、日本の外相として史上初めての訪問になりました。

パキスタンは訪問直前にトランプ大統領のツイートもあり、パキスタン政府や軍部が揺れているときの訪問になりました。

パキスタン陸軍司令部で、アフガニスタン情勢のブリーフィングを受け、テロ対策に関する協力を続けていくことで合意しました。

パキスタン、アフガニスタンの情勢が安定すれば、両国を経由して中央アジアからインド洋に出ることができます。そうなれば両国を経由したルートとイラン経由のルートがお互い競争することで、物流が改善されていきます。

パキスタンでは、軍部、政府双方に対して、核軍縮の進展のために重要なCTBTの署名・批准およびFMCTへのしっかりとした関与を強く訴えました。

パキスタンが両条約に前向きに取り組むことはインドの関与を促すことになっていきます。核抑止を維持しながらでも核軍縮への一歩を踏み出すことは、インドの核軍縮にもつながるという点で、パキスタンを含む地域の安全保障にも資するはずだと訴えました。

日本はパキスタンが地域の安定のために努力してきたことを評価し、今後ともパキスタンに対する支援の継続とアメリカに対する関係維持の働きかけを約束しました。

スリランカでは、コロンボの港を視察しました。

コロンボ港は、大型のコンテナ船の積み替えのハブになっており,ライバルはインドやシンガポール,マレーシアの港とされています。

東アジアからの貨物も、フィーダーと呼ばれる中小型のコンテナ船でコロンボに運ばれ、大型のコンテナ船に積み替えられて、インド洋からスエズ運河を抜け、地中海から大西洋を通って北米の東海岸に送られています。

しかし、パナマ運河が拡幅され、太平洋を渡ってパナマ運河を抜け、大西洋を北上して東海岸に届くルートとの競争が激しくなりました。

物流では日本は空も海も完全に後手を踏み、ハブの地位を失いました。

スリランカは、ハンバントタという地域でも大きな港の開発を進めました。スリランカは,そのハンバントタの港の運営権を99年間、中国に譲り渡し、開発資金を返済しなければならなくなりました。

成長するアフリカの東海岸から中東、インド、そしてASEANに至る地域ではこれからもインフラ投資の需要が増え続けます。

しかし、その投資にはしっかりとした経済性の裏打ちと受益国の財政の健全性、そのインフラがすべての利用者に開放されるという開放性、そして運営の透明性といった基準をしっかりと満たすことが必要になります。

モルジブの直面している問題は、中進国の罠とよばれるものです。

モルジブは観光産業の発展もあり、一人当たりGDPが8000ドルを超えました。しかし、そのためにOECDの基準により、日本や欧米などのOECD加盟国からは他の所得の低い発展途上国に比べ,ODAによる支援を受けることが難しくなりました。

そのためにモルジブはOECDのルールの適用を受けない国からの支援にも頼る必要が出てきたのです。

途上国が努力して経済発展を遂げても、さらにその次のステージに登るためにはインフラの整備など、様々な資金需要を満たさなければなりません。

これまでの国際システムでは、その需要をうまく満たすことができませんでした。だからこそAIIBのような新しいシステムを中国が創り出すことになったのです。

国際的なルールを柔軟にして、こうした国々のニーズにもこたえられるようにする必要があります。

また、マレには日本からの直行便がありません。

羽田、成田の両空港と仁川、金浦のソウルの空港からの直行便の飛んでいる国、都市の数を比較すると、圧倒的に負けています。

こうしたこともボディーブローのように国力に効いてきます。

オールジャパンで外交を前に進めることが必要な時代になってきたことを痛感しました。

1月3日
08:20 宿舎発
09:00 打ち合わせ@羽田空港
11:02 羽田発
16:04 バンコク着
19:35 バンコク発
22:00 イスラマバード着

1月4日
08:30 打ち合わせ
09:28 儀仗@陸軍司令部
09:45 バジュア陸軍参謀長との会談・地域情勢ブリーフィング
11:38 日パキスタン外相会談
12:50 日パキスタン外相会談ワーキングランチ
14:15 アバシ首相表敬
15:13 ぶら下がり記者会見
16:40 イスラマバード発
22:21 コロンボ着

1月5日
09:00 ガンガーラーマ寺院及び独立記念広場視察
11:15 打ち合わせ
12:00 シリセーナ大統領表敬
13:00 日スリランカ外相会談・ワーキングランチ
14:45 ぶら下がり記者会見
16:00 ウィクラマシンハ首相表敬
16:48 コロンボ港視察
18:28 在留邦人との夕食会

1月6日
07:34 コロンボ発
08:22 マレ着
09:45 打ち合わせ
10:45 日モルジブ外相会談@モルジブ外務省
12:30 日モルジブ外相会談ワーキングランチ@クルンバ島
13:50 ぶら下がり記者会見
14:36 同行記者団懇談会
18:57 夕食
21:00 ヤーミン大統領表敬
23:45 マレ発

1月7日
07:12 シンガポール着
07:45 日シンガポール外相会談
09:28 シンガポール発
17:06 成田着



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする