鉄道工事の資格

2017.03.31

鉄道工事を行うためには、安全性を担保するために、鉄道会社による資格を持った人材が必要になります。

しかし、この資格を取るための講習や試験の回数が少なかったり、資格要件が厳しすぎて、工事に必要な資格を持った人材を確保できないという状況がありました。

自民党の行政改革推進本部では、この問題に取り組んでいます。

各鉄道会社ごとの資格試験の回数は
 平成28年度実績 平成29年度予定
小田急電鉄 1 1
京王電鉄 1 1
京浜急行電鉄 1 1
京成電鉄 1 1
新京成電鉄 1 1
東京地下鉄 1 2
西武鉄道 1 3
北総鉄道 1 2
相模鉄道 3 3
東武鉄道 2 2
東京急行電鉄 5 4
JR東日本(在来線) 13 17
JR東日本(新幹線) 3 3
JR東海(在来線) 6 6
JR東海(新幹線) 7 7
東京都交通局 12 12
 
ということで、東京地下鉄等、数社が資格試験の回数を増やすことになりました。

また、資格試験の回数が一回という鉄道会社も要望があれば追加実施を検討しています。

また、業務経験年数の短縮や他社線での業務経験も経験年数として認めてほしいという要望があり、鉄道各社で対応を検討中です。

さまざまな分野での規制改革にしっかりと取り組んでいきます。

分野にかかわらず、規制改革に関する具体的なニーズがあれば、ご連絡ください。

http://www.taro.org/?p=15 まで。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする