激甚指定

2016.08.16

今年の6月6日から7月15日までの間の豪雨による災害に関して、激甚災害に指定されることになり、8月15日閣議決定、8月18日公布となります。

まず、全国の災害復旧事業費の査定見込額が169億円となりました。

全国の災害復旧事業費の査定見込額が、全国の農業所得推定額の0.5%である148億円を超えたので、本激となります。

また、市町村が負担する公共施設災害復旧事業の査定事業費が市町村の標準税収入の50%を超えた場合、または標準税収入が50億円以下であり、かつ市町村が負担する公共施設災害復旧事業の査定事業費が標準税収入の20%を超える場合に局激となります。

今回、熊本県の美里町、産山村、御船町、甲佐町、山都町、および宮崎県五ヶ瀬町が局激指定されました。

今回は、野党からも指定が遅いという声はないようです。

激甚指定とはどういうものか、ようやく理解をしていただいたのか、あるいは今回、この豪雨が激甚指定となることに気がついていなかったのか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする