イヤヤ泣き寝入り

2015.11.02

私の所掌のなかに消費者問題があります。

消費者、つまり国民が、消費生活のなかで困ったことや不安に思うことがあったとき、手軽の相談できる窓口の一つとして、消費者ホットラインがこの七月から三桁の電話番号188番で簡単にかけられるようになっています。

断っても強引な勧誘が続いているときや無料だと聞いたのに高額な請求をされたとき、アダルトサイトに登録されたと一方的に料金を請求する画面が開いたときなど、

あるいは、例えば自転車の幼児座席が壊れ子供がけがをして、この製品は危ないのではないかと思ったり、まつげエクステンションの施術を受けてからずっと目の痛みが続き、施術に問題があると思ったなどというとき、

に泣き寝入りせず、電話番号188番の消費者ホットラインに相談することができます。

「188(イヤヤ)泣き寝入り」と覚えてください。

ちなみに119番より一つ少ない、118番は、海上での事故の緊急通報番号で、海上保安庁につながります。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする