財政再建に向けた一歩

2015.04.02

自民党の財政再建に関する特命委員会に対して、行政改革推進本部が行った内閣府の財政に関する中長期試算の検証を報告しました。

詳細な内訳が一切示されていない中長期試算について、1.年金・医療・介護、2.その他社会保障、3.社会保障以外の歳出、4.特別会計・独立行政法人等の4つに分けて、2020年度までのそれぞれの歳出の伸びを試算し、検証しました。

その結果、2015年から2020年にかけて国・地方あわせたプライマリーバランス対象経費は、重複分を除いて約15兆円増加すると予測されますが、この中から9.4兆円の歳出削減を行ってプライマリーバランスの赤字解消を図ることは十分可能との結論となりました。

また、債務残高GDP比の推移についても検証しましたが、中長期試算で示されている2023年までの期間はたまたま、低い金利と高い成長率の恩恵を受けているだけで、2023年以降は、金利上昇の影響によって経済再生ケースでも債務残高GDP比が悪化していくことが明確になりました。

2020年度のプライマリーバランス黒字化を着実に達成し、その後債務残高GDP比を引き下げていくため、政府が直接コントロールしやすい歳出額そのものに着目した指標も設定して、プライマリーバランスの外側にある国債費を含めたコントロールしていくことが必要であると報告しました。

特命委員会では特に異論はなく、2020年度のプライマリーバランスの黒字化を達成することが合意されました。

特命委員会から行革推進本部に、削減の具体策の提案をするように依頼があり、今後はその具体策に取り組んでいきます。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする