こんなに低い保険料納付率

厚労省大本営発表の国民年金保険料納付率は

2007 63.9%
2008 62.1
2009 60.0
2010 59.3
2011 58.6
2012 59.0

長ーいトンネルを抜けて、2012年に納付率が若干、上昇したようにみえる。

が、これは分子の納付した人が増えた結果ではなく、分母を免除と猶予で減らしてきた結果だ。

厚労省が「転進」と発表している実際はどうなのか。

分母に免除・猶予を加えて、同じ期間の実際の納付率を見てみると

2007 47.3%
2008 45.6
2009 43.4
2010 42.1
2011 40.8
2012 39.9

2012年は納付率が上昇したどころか、大台を切っている。

ちなみにこの数字は厚労省に計算してもらった。

依然として厚労省年金局ですら、猶予された者はほとんど後納していないということを認めている。

保険料方式の基礎年金はやめるべきだ。



ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書
河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

twitter



河野太郎にメールする