おすすめの政治ドラマ

2014.04.11

ホワイトハウスを舞台にしたThe West Wingというアメリカのドラマをよく見ていましたが、それを上回る政治ドラマを見つけました。

デンマークのBorgenというドラマです。

デンマークで初めて女性首相が誕生し、その女性首相を主人公にしたドラマです。

もちろん、現在のデンマークの首相も先日来日された女性のヘレ・トーニング=シュミット首相で、ドラマを現実が追いかけたことになりました。

The West Wingは、面白さプラス私が学生時代を過ごし、二年間議会でもインターンをしたワシントンという町が舞台で、インターン時代に見聞きしたことがなんとなく伝わってくる懐かしさで見ていますが、このBorgenは日本と同じ議院内閣制のリアリティがあります。

総選挙後、過半数を持つ政党がない時に、どうやって組閣が行われるのか、与党内から造反が出て予算案が可決できない状況になった時にだれがどう動くのか、リアルです。

ホワイトハウスの中の人間模様を見せられてもそれはあくまで外国の話でしかありませんが、議院内閣制の国会の中はちょっと現実の香りがします。

本来、議院内閣制とはこうあるべきだが、日本はどこが違うのかとか、国民が総選挙で選んだ後に政党が、政治家が合従連衡できてしまうのがよいのか、過半数を持つ政権が国民からビシッと選ばれるのがよいのか等、いろいろと考えさせられます。

残念なのはデンマーク語に英語の字幕のDVDしかないようで、日本語の字幕版が出たら日本-デンマーク議員連盟のメンバーに配布しようと思っています。

英語字幕版はアマゾンなどでも購入できます。

安倍首相とトーニング=シュミット首相の夕食会でも、安倍首相がやはりデンマークのドラマ、The Killingが好きで見ていたという話題で盛り上がりましたが、その他にもThe Bridgeをはじめ、デン流ドラマ、元気です。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする