東電は電力供給を打ち切れない

2012.04.03

ほとんど詐欺的とも言える一方的な値上げ通告をして顰蹙をかった東京電力だが、契約期間終了後に値上げに同意を頂けない時は、電気の供給を打ち切りますなどと言っている。

実は、これもうそだ。

私の質問主意書の質問
「契約者が東京電力以外から電力を購入できる保証がない現状で、東京電力が一方的に、値上げに応じないならば電力供給をしないということを政府は許すのか。」

に対して、政府の回答は、
「東京電力においては、需要家が希望する場合には、東京電力が交渉により合意に至らなかった場合の電気料金等について定めた電気事業法上の最終保障約款に基づく電気の供給を拒んではならないとされている。」

つまり、契約が折り合わなかったから電気の供給を止めますということにはならない。もし、需要家が希望すれば、東京電力は、届け出ている最終保障約款に基づいて電気を供給しなければならない。

最終保障約款の契約種別と料金は下記に出ている。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/shiryou/yakkan/pdf/hosy03-j.pdf

契約が合意できなければ、最終保障約款に基づく電力供給に切り替えますといわねばならないところを、供給を打ち切りますなどと一方的に暴言を吐き続ける東京電力を経産大臣は許すのか。

大臣は、この最終約款に基づく供給とはどんなものか、もっときちんと国民がわかるように説明すべきだ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする