日本ASEANセンター

2011.11.05

日本ASEANセンターという、なんちゃって国際機関がある。

なんちゃって国際機関というのは、建前上は国際機関だが、実は日本が大量の資金を提供し、ほとんど外務省の外郭団体のようになっている組織のことだ。たいていは都合が悪くなると国際機関ですから、といって逃げる。

その中でもこの日本ASEANセンターが悪質だったのは、外務省の天下り団体と化し、銀座に意味もなく大きなスペースを構え、成果は何もないというひどい運営だったにもかかわらず、外務省は同じことを続けようとしていたからだ。

私が外務委員会理事の時に、この問題を指摘し、外務委員長の時に外務省のなんちゃって公募(公募の体裁をとるが外務省OBが選ばれるようになっている)を白紙に戻させ、銀座から移転させて、予算も大幅に削らせた。

で、正直、この件はこれにて一件落着、したと思っていた。

が、ある日あるとき、2009年7月1日の河野外務委員長以下、外務委員会の日本ASEANセンター視察は仕組まれていたということを小耳にはさんだ。

アホな外務委員長を瞞すために、当時センターで開催されていた展示会に、さも人が大勢来ているようにみせかける細工がされたという。

調べてみると、当時開催されていたヘルス&ウエルネス展の平均来場者数は136人(1日あたりの数字だ!)。その前の週の来場者数は、月曜日から83人、91人、107人、135人、95人しかいない(全て1日あたりの来場者数)。

で、外務委員長が来る日は、ふだん2、3人のスタッフを10人に増やし、ベトナム・スパの指導実演がその日だけ行われ、さらにミャンマー産品の即売の関係者に動員がかけられ...。

で、結果的に271人の来場者があったことになっている!?

これがきっかけでこのセンターの様々な悪事が露見し始めた。

来年早々には現在の日本とASEANとの協定が期限を迎える。外務省は、これを国会にも諮らずにそのまま延長したいらしいがそうはいかない。

まず、このセンターに対する拠出金は日本が7分の6、ASEAN各国で7分の1。1カ国あたりの拠出は雀の涙だ。しかし、最近のASEANの経済発展を考えれば、次の協定はそうはいかない。日本とASEANで折半するぐらいにしなければ。

問題は、このセンターが役に立っているのかどうかだ。全く役に立っていないという声も強い。かつて外務省は、このセンターがなければASEANとの外交が続けられないとまで言ったが、この程度のセンターがなければASEAN外交ができないというならば、外交官をクビにしてやり直したほうがいい。

これまでもセンターがあったから、これからもそのまま続くという時代ではない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする