闇将軍

2010.09.11

中国の天津で開かれるWorld Economic Forumの会議に谷垣総裁に代わって出席するための出張稟議を、その準備段階でお願いしていた新副総裁に持っていく。

昨日、早くも党本部内の電光掲示板には「副総裁」の欄が追加されて、それを見ながら四階に上がる。が、新副総裁、どこにいらっしゃるのだろう?

河村選対局長が使っていた部屋に、新副総裁がいらっしゃるのを発見、ノックする。
「河野です」
「おう、入れ。君が早くやめろやめろというものだから、今度は陽も当たらない部屋に押し込められることになったぞ」
「ここ、陽当たり最高じゃないですか」
「ばかもん、ここは仮住まいじゃ。北側のせまーい所に押し込められることになった。陽の当たらん真っ暗なところじゃ」
「いよいよ闇将軍に昇格ですか」
「副将軍じゃ。そうだ、印籠を作るか」

で、出張稟議を副総裁と新幹事長にOKをもらう。北京から天津の新幹線、片道三十分、往復の一等切符1200円。天津はこの会議で人があふれかえり、ホテルは北京でしか取れないというところをどうにか確保。

夜、闇将軍から電話。
幹事長時代にこき使った若者(!)達に肉を食わす。
ははっ、ありがたき幸せ。
肉は好きなだけ食え、150か180か?
では、200gをレアで。

週末はスピーチをまとめなければ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする