警察庁対国土交通省

2010.09.02

自民党の消費者問題調査会。
シンドラーエレベータの事件。国土交通省のこれまでの説明は、警察が捜査しているから国土交通省の原因究明はできないということだった。しかし、警察庁の話では、警察庁にはエレベータに関する専門知識はないから国土交通省が所管する昇降機センターが捜査にあたって最初から協力してくれたという。国土交通省所管の法人が捜査協力しているのに、なぜ国土交通省の原因究明は並行してできないのかと尋ねると、国土交通省からそうした要請はなかったという。警察庁と国土交通省の連名で、時系列の報告をするように要請する。

国土交通省は、シンドラー社以外のエレベータの事故はないというが、様々な関係者から、シンドラー社以外のエレベータでも戸開走行が起きているという。まさか、国土交通省は戸開走行は事故ではないと思っているのだろうか。

エレベータ業界の保守点検の問題が主で、フェイルセーフの二十ブレーキの問題は従ではないか。

前回の調査会で消費者団体から指摘された消費者委員会の各委員の委員会への出席数がまとまった。それによると委員のうち三人は極端に出席率が低く、一人は五割を切っている。委員が全員出席した委員会はここしばらく一度もない。常に誰かが(ときには複数)が欠席している。

消費者庁、消費者委員会の活動についても今後、調査会で取り上げていく。

今日は、所要一時間を予定していたが、一時間四十五分の長丁場になった。エレベータの問題はPTを作ってもう少し詰めてやらないといけない。

正午から、ある東南アジアの大使館の首席公使と昼食。東南アジア各国の政治状況の分析と民主党代表選挙の分析を交換する。

その後、午後二時から、プレスセンターで講演。前から決まっていたのだが、なんと上のフロアでは菅対小沢の討論会が開催されている。僕の講演より、上の討論を聞いたほうがよくないですかと申し上げるが、「日本と世界」というタイトルで話す。

上品な年配の着物姿の女性がいらしていて、あれっと思ったら「園田でございます」と声をかけられ、園田天光光さんだった。お元気そうだった。

六時から、法政大学院の講義。食料自給率と核燃料サイクルのイカサマについて。

沼津行の湘南電車に揺られて帰る。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする