負けは負け

2010.07.16

今回の参議院選挙は、選挙区で自民党19,496,083票、民主党22,756,000票。

比例区では自民党14,071,671票、民主党18,450,141票。

比例区の個人票合計は自民党3,414,505票、民主党4,016,970票。政党票は自民党10,657,166票、民主党14,433,171票。

埼玉、千葉、神奈川、東京の選挙区票の合計では自民党3,557,280票、民主党は5,950,347票、みんなの党2,337,680票、自民党とみんなの党の合計で5,894,960票。

言い訳はいろいろできるかもしれないが、負けは負けだ。

自民党は決して「いちばん」にはなっていない。
やはり「いちから」の出直しが必要だ。

菅総理は消費税の増税を封印してしまったようだが、国民年金の国庫負担を3分の1から2分の1に上げたときに、財融特会の金利変動準備金を取り崩して充てた。それももう無いから来年度の予算編成では何らかの手当をしなければならない。

国民年金をどうするのか、そろそろ年金制度改革の議論が必要ではないか。そろそろ年金制度のわからない長妻大臣に退任していただいて、年金制度の議論ができる大臣に替えていただきたい。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする