詰め込まれた日程

2009.12.10

12月8日
09:00 無駄遣い撲滅プロジェクトヒアリング
厚生労働省からスタート。
厚労省の資料が揃わないので一時間開始が遅れる。

山本一太さんや世耕さんが、厚労省が資料を持ってこないので、座長が激怒などと、おもしろおかしくブログに書くものだから、マスコミからどうしたんですかなどと問い合わせがくる。
別に一時間遅れで資料も揃ったし、たいしたことないよと答える。
昨年の文科省に比べれば、今年はどこも非常に協力的。

そういえば、文部科学省の某局長が、政策棚卸しを経験していたおかげで民主党の事業仕分けを乗り切ることができましたとご挨拶に来た。一度経験していたにしては、同じ問いに答えられていないのはひどい。説明能力の不足なのか、本当に駄目な事業なのか。

いよいよプロジェクト再起動という記者からのインタビューが多いが、10月からずっと現場みてきたわけで、そこは数人を除いて取材には来ない。
こちらとしてみれば、そこまできちんと取材に来てくれた記者にまず、きちんと情報を提供していきたい。

与党時代には触らせてもらえなかった国交省、農水省、経産省、厚労省も担当になったし、せっせとヒアリングを続ける。

9時から5時半まで8時間半、ずっと座りっぱなし。昼食は説明を聞きながらカレーライス。
かつての河野チームは、8時間程度のヒアリングならば、みんな普通に座って聞いていたが、どうもこんどは出入りが多い。平事務局長と二人でヒアリングという場面が多くなった。
わあっと声かけてやる気のある奴だけ残してというわけにはいかないかもしれない。
昔のメンバーに、声をかけて手伝ってもらうことにする。

18:00 佐藤ゆかり前代議士のパーティに顔を出す。

18:30 法政大学大学院での授業

21:00 学校時代のクラブ活動の友人との忘年会

12月9日
08:15 日経ビジネスオンライン取材。

09:00 中国大使館で自民党の窓口をやってくれていた参事官が帰国のご挨拶に国際局長室に。

09:30 在日米国商工会議所のドアノック。国際局長室。

10:00 ジョージタウン大学/CSISのビクター・チャ教授が来訪。
オバマ・鳩山会談について。
会談について、彼が古巣のNSCからブリーフされた話の中のひとつに、日本側の関係者に確認しなければならないことがあった。外務省に確認してみよう。

10:30 無駄遣い撲滅プロジェクトヒアリング、続き。
3時半まで延々と休みなし。

国政調査の広報予算など、縮減するよりもむしろ広報を徹底しないと国政調査の実施そのものが危なくなるのではないか。

15:30 PNND日本支部総会
PNNDのように核軍縮をめざす議員の世界的な組織の日本支部の人事にも民主党の小沢一郎幹事長がいちいち口を出す。おかしいんじゃないか。
民主党からも批判の声が上がる。
結局、日本の民主主義とか二大政党政治とか議会制民主主義など、どうでもよいという体質がはっきり見える。
だから、自民党がきちんとしないと。

在京の大使の間でも各国との間の超党派の議員連盟はどうなるのかと心配が広がっている。

17:00 日経ウィークリー取材

18:00 ニッポン放送の「上柳昌彦のおはようGOOD DAY!」の収録。

夜 忘年会シリーズ



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする