対米追随のツケ

2009.06.24

五億円の拠出金が用意できないとしてIRENA(国際再生エネルギー機関)への加盟に二の足を踏んでいた外務省が、オバマ政権が正式に加盟する意向を表明したとたんに五億円をどこからか調達してきて、正式に加盟します!!

広島市が、このIRENAの事務局を広島に誘致したいと手を挙げていたのだが、なんせ日本が正式加盟していないのに広島に事務局を置くことはできない。
どーせ、今頃加盟するならば、最初から手を挙げて、広島に事務局を誘致すればよいものを、アメリカ追随でふらふらするから何も取れずに終わってしまう。

ボンとアブダビが本拠地の候補に残ったが、IRENAに反対する経済産業省の嫌がらせで、日本はアブダビに投票する。
再生エネルギーの機関の本拠地を石油の産出地のど真ん中に置くというこのセンス。
会議のたびにがんがんに冷房かけてやるのだろうか。

臓器移植法のE案をみたが、法律事項が実はない。なんとか臨調も法律が無くても設置できる。だいたい今、新しい組織を作って検討するなどというなら、四年前に改正案が出たときに言えばよいものを。結局、人の命なんかほったらかしで、審議を引き延ばすだけではないか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする