街頭は茅ヶ崎へ

2009.06.07

浅尾慶一郎参議院議員との臓器移植法改正を訴える街頭演説は、横浜市から藤沢市を抜け、茅ヶ崎市へ。

大船駅では東京新聞の取材、そして長野朝日放送のカメラクルーが大船から茅ヶ崎まで取材。
長野朝日放送の記者さんは、2002年松本市の信州大学での生体肝移植の際に取材してくれた人。長野県では、今年、一億数千万円のお金を募金で集めて、UCLAで移植を受けた子供がいる。だから臓器移植法の改正は、他人事ではないようだ。
明日の文科省の天下り団体の政策棚卸しの準備。各団体に関するいろいろな資料を集める。
明日のスタートは朝9時開会式。日本財団の会議室でお待ちしております。
ある新聞社から外務委員会の今後の日程についての問い合わせ。
なんでも与野党の国対間で、6月半ば以降は衆議院は休みにしようという話が出たとか出ないとか。どっちなんだ。
6月半ば以降、法案が残っているのは外務委員会ぐらいしかないという。(臓器移植法もあるじゃないか!?)

外務委員会には十本条約が残っているが、これがあがると国会を開いていても仕方ないので、解散、総選挙になると。

いやいや、条約審査以外にも、地位協定の改定をはじめ、外務委員会が取り上げなければならない案件は多数あるので、外務委員会は休みにしません。

しかし、外務大臣をフリーにするためのほとんどすべての提案が、民主党に拒否された。
政権交代するつもりがないのか、外務大臣に外交をやらせるつもりがないのか。
おーい、長島、こんなんでいいの?



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする