空港プロジェクト

2006.06.12

空港プロジェクト。

羽田空港。
羽田空港は昨年の1月から4月の外国人入国者数50,350人に対し、今年の1月から4月は倍近い99,899人。
にもかかわらず、待ち時間平均22分。6月3日はKE6707が到着遅れでOZ1025と入国審査がかさなり49分の最長を記録したが、その他は健闘している。が、なかなか平均20分を切れない。

成田空港。
成田空港第一ターミナル南棟開設と航空会社の移動に伴い、日本人の帰国は第一と第二で平準化された。
が、外国人は以前は第二の方が3,822人対5,954人と多かったのに対し、開設後は5,822人対4,418人と第一の方が多くなった。
第一は6月2日以後35分、36分、43分と一気に待ち時間伸びる。
一方第二は6月2日以後18分、22分、33分とまあまあ。
しかし、第二は五月十七日に左右の審査場の連携ミスで63分を記録してしまった。
成田はしばらく要注意。

中部空港。
問題なし。

関西空港。
南側は問題なし。
北側は若干問題あり。まだセカンダリを活用できていない。

新潟空港。
5月22日から新潟県からの支援一名。場内整理及び通訳。
5月半ばから平均待ち時間18分、19分、16分。

福岡空港。
5月15日以降すべて待ち時間20分以下のパーフェクト。

那覇空港。
5月15日以降パーフェクト。

EDカードの外国語化は表面については中国語、韓国語が進行中。
裏面(質問事項)に関してタイ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語で作成する。
表面はこれ以上の外国語化は無し。例えばタイ語の表を作成して、タイ語で記入されても審査官が読めず、返って時間がかかる。
裏面はイエス/ノーをチェックするだけなので外国語化に意味がある。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする