2005年12月11日号

2005.12.11

韓国のソン・ヨンギル議員の選挙区訪問。

12月10日
08:15 羽田発
10:35 金浦着
11:30 ケサン女子高校で講演
12:40 校長先生、父兄他と昼食会
14:30 カリスホテルにチェックイン
15:30 総合武術青少年大会開会式に参列
16:00 ソン・ヨンギル議員の地元事務所訪問
16:30 ケヤン警察署・留置所視察
17:20 障害者のための募金行事に参加
18:30 仁川市ケヤン区の企業家や重鎮と夕食会
20:00 全羅道ゴフン出身者の忘年会に参加
20:30 京仁女子大の学生と意見交換会

12月11日
09:00 ソン・ヨンギル議員事務所スタッフと朝食
10:30 仁川経済自由区域庁訪問
12:30 仁川経済自由区域庁長と昼食
13:30 仁川拘置所視察
15:00 ノートルダム介護施設訪問
17:00 ハン・ハガップ民主党代表と夕食
20:20 金浦発
22:10 羽田着

友人のソン・ヨンギル議員の選挙区を訪問。
まずケサン女子高での講演から日程がスタート。
「シンワのエリックに似ていると良くいわれますが」と言うと、大歓声。
三十分ぐらい話をして、質疑応答。活発に質問が出る。
一時間の予定をオーバー。
最後は、握手と携帯で写真ぜめ。そのうちにサインぜめになる。
なんかもててる?
校長先生や父兄と一緒に昼食。

ソン・ヨンギル議員の選挙区(仁川市ケヤン区)で、最も有名なカリスホテルにチェックイン。
外気はマイナス5度だが、部屋はなんとオンドルでぽかぽかと暖かい。

一休みして、総合武術青少年大会の開会式。僕も紹介されて、一言挨拶。
開会式が終わるかと思ったら、ご来賓は前の瓦のところにお進み下さいとのアナウンス。
ちょっと雲行きが怪しいと思って、陰で見ていると、号令の下、来賓が全員並んで二枚重なった瓦を割る!!
目が点。
ソン・ヨンギル議員は、みんな軍隊でやっているから、と涼しげ。
日本でよくゲートボールの大会で来賓が始球式をやるのと同じような感覚だ。

ケヤン警察を訪問し、留置所を視察。被疑者だけでなく、職員までを24時間録音、録画している。
住民サービスの向上運動をしているようで、受付はものすごくきれいだし、概況のプレゼンでも、サービスがこれだけ向上したというところに力点が置かれていた。
この後、ソン・ヨンギル議員の後輩の牧師が主催する募金行事に駆けつける。

警察署長、税務署長、消防署長、ロータリークラブ会長などなど選挙区の重鎮と夕食会。
ソン・ヨンギル議員の出身地であるゴフンという地域出身者の集まりに顔を出してから、京仁女子大の観光学科の学生と意見交換会。

翌日は、本当は朝、山に登るはずだった。仁川市にある山には市民がたくさん登るので、政治家も選挙運動の一環で登るらしい。
日本でいう駅の朝立ちの感覚だそうだ。が、気温がマイナス十度以下になったため中止。
仁川経済自由区域庁を視察し、昼食後、仁川拘置所へ。
ソン・ヨンギル議員も学生運動の旗手として四ヶ月刑務所暮らしをしているし、スタッフの一人はまさにこの仁川拘置所に一年間入っていたとか。
パワーポイントのプレゼンテーションの一番最初に「歓迎 仁川拘置所」とあって、みんな苦笑いしていた。
ここでもサービスの向上が合い言葉で、遠くの刑務所に入っている家族との面会をやりやすくするために、テレビ電話を使って面会できるシステムが導入されていた。
その後、介護施設へ。極めて先進的な施設だった。

民主党代表でUS−ASIAネットワークの代表のハン・ハカップ議員と夕食。

帰り際に、ソン・ヨンギル議員のスタッフが、あの瓦は来賓のセレモニー用にすぐ割れるようにできている瓦だったと告白。
あー、びっくりした。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする