2005年11月15日号

2005.11.15

新人の山内康一代議士が、僕が政府入りしてしまったので臓器移植法の改正はどうなるかと心配してくれている。
彼を後任の鉄砲玉に任命する。

視察その3。
東京入国管理局および東京入国管理局羽田出張所。
東京入国管理局には定員800人の収容施設がある。
750人以上が今日も収容されている。半数以上が旅券を持っていないか有効期間が切れている。
帰国させるためにも旅券の再発給が必要だ。
中国などは二週間で帰国に必要な文書がそろうが、国によってはなかなか文書を出さないところもある。
文書がそろった上で、帰国費用を出させて初めて送還できる。
(送還も費用は帰国者が自分で払う。エコノミーの安い切符で帰ることが多い。費用は日本政府持ちで送還させるケースは極めて少ない)
今日も百数十人もの不法滞在者が収容施設に送られてきている。
不法滞在者の半減は楽じゃない。

羽田の国際ターミナルを視察する。
入国時の外国人の行列はやはり一時間待ちもある。
せっかく東京にシャトルで来て一時間待ちではもったいない。
これはなんとかしなければ。

商事法務研究会創立五十周年祝賀会。
経団連傘下の名のある企業のトップマネジメントに名を連ねるような人が平気で談合もやむを得ない等と曰う。
本当に談合が悪いことでないのならば、堂々とそう主張し、法改正に持ち込めばよい。法が禁じている以上、談合は悪だ。
経団連の順法精神が疑われる。

法政大学大学院。
副大臣に就任したため、大臣の許可を得て、しかも無給でということになった。
今日のテーマは核燃料サイクル。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする