2005年10月10日号

2005.10.10

朝、テレビに出演して、家に帰ると、ペシ坊が僕に向かって、こう言った。
「パパ、テレビに出ているときは、もっと笑ったら。お家に帰ってくるといつも笑っているでしょ。」
思わずデレデレ笑ってしまった。

番組前の控え室で浅尾参議院議員に民主党内での臓器移植法改正案の取り扱いのスピードアップをお願いする。
来年の通常国会では特別委員会の設置で審議のスピードアップを図るしかない。

特別委員会といえば青少年特別委員会では学童保育に関する調査をこの特別国会で行うことになった。参考人招致と視察を一度ずつセットする。
青少年特別委員会では理事は自民党が五人、民主党が二人、公明党が一人。共産党は発言ができるが、理事会での採決には加われないオブザーバー、社民党は理事会、理事懇で発言できない陪席となった。
議運などでは陪席は委員会のスタッフと一緒に座らされるようだが、青少年特では陪席も理事と並んで座れるようにした。
参考人招致の質疑時間は、自民党60分、民主党40分、公明党20分、共産党20分、社民党10分。まずドント方式で時間を割り振って、自民党が弱小野党に時間を譲る。
自民党の質疑時間が民主党よりも短いのが慣例のようなこともあったが、正常に戻す。
もちろん内閣提出の法案審議の場合は、野党に時間を譲るべきだが、それが政府提出の法案以外の審議にも適用される悪しき慣例があった。
委員長が公費で接待するような場は設けないことで一致。

参議院の補欠選挙。
さて総裁の遊説日程をどうしようか。
ある記者と世間話で、うちの子供(ペシ坊)が水族館が好きでよく連れて行けとせがむのよ、と話していたら、数時間後に、全然違うところから、新人議員が来るのは江ノ島ですか、八景島ですかと問い合わせが来た。
うちの子供−チルドレン−小泉チルドレンが、水族館に来たがっているという話になったらしいが。
基本的に神奈川県連は、国会議員にはビラまきをする暇があったら関係先をきちんとお願いをして回って欲しいと要請しているので、チルドレンがビラまきに来ることはない。
もちろん演説会の応援弁士に指名されて来県する新人代議士はいるが。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする