2005年9月27日号

2005.09.27

八時、文教部会とナンヤラ調査会の合同会議。
文部省が三位一体に必死に反対する。
なんで今さら義務教育の費用の国庫負担なのか。きちんと地方に財源を渡すべきだ。
依然として、自民党の部会は役所と一心同体というような古い考えの恐竜が生き残っている。特に大臣経験者がひどい。
自ら文教のにおいがしないと曰った大島理森新調査会長の常識に期待しよう。
文部省は幼児教育なるものを取り上げ始めた。これも幼保一元化に抵抗するための方便だ。就学前の幼児に関しては厚生省に担当を一元化するべきだ。
きちんと選挙に勝ったのだから、役所の既得権に踏み込んでいかなければならない。
校舎を直す金をつけろという前に、天井高以外の馬鹿な規制を撤廃させるのが先ではないか。アスベストすら使って予算を確保しろとがなり立てる旧人類を絶滅させなければ。

九時十分、国対正副委員長会議に幹事長室を代表して参加。これまでチームを組んでいた松宮、小泉両代議士が造反し、落選したために、谷代議士が新メンバーに加わる。

九時半、近藤昭一青少年特委員長と小宮山野党筆頭理事と三人で委員会運営の打ち合わせ。
民主党の前委員長は、民主党が委員長招待に反対すると主張していながら、委員長主催で飲み食い(公費だ)しやがって、なんだと新委員長にクギを刺す。理事の懇親会は全て割り勘でやることを最初に決める。

十二時半、「常任・特別 委員長・筆頭理事」と国対の打合会。

一時半、川口順子候補に対し、公認証授与。党本部総裁室にて。

議員会館の部屋の大掃除。通常国会からたまった資料を廃棄する。
床の三分の一が見えなかったが、だいぶきれいになった。

日経ビジネスに加藤紘一代議士のインタビューが載っている。どれどれと読んだが、旧い!!!
時代は動いている。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする