2003年12月17日号

2003.12.17

旧軍の毒ガスが問題になっている地域の中でも特に対処が必要とされる四つのA事案の内の一つになっている平塚の合同庁舎建設予定地を視察させて頂く。
青酸入りの瓶がいくつも出てきて、マスタードガスも定性的に検出されている場所なので、特殊な防護服に長靴、軍手、ヘルメット。
陰圧になっている二重テントの中で明日から掘削が始まる。

ユニセフの東京事務所長を長らく務めたサミュエル・クー氏の送別会が国連ハウスで開かれる。
ユニセフのトップのキャロル・ベラミーを何度も日本に呼び、国会議員との懇談会を何度もセットしたり、ユニセフに日本人スタッフをきちんと採用させたり、ユニセフへの日本の拠出金を維持するためにクー氏は八面六臂の活躍だった。
ユニセフの中での異動になるはずが、韓国の英語テレビ局のアリランTVの社長に就任することになった。早速、日韓中の新世代政治家を取り上げる番組の企画を考えているようだ。
後任は、東チモールでユニセフの代表を務めた浦元氏。東チモールの選挙監視の時には大変お世話になった方だ。

夜、韓国の特派員との懇談会。定期的に続けてすっかり顔なじみになった。選挙の結果をどう見るか、イラク問題をどう考えるか、来年の参議院選挙をどう戦うべきか、そして韓国の政治状況について、延々と意見交換。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする