2002年12月13日号

2002.12.13

地下鉄の中吊りの個人向け国債の広告。来年三月から十年満期。と、思ってよく見ると、半年ごとの変動金利。
政府はデフレ対策に着手、と、いずれ金利が上がる、ならば調達は長期に運用は短期で、となるのではないかと思いますが。
十年国債とはいえ、半年の変動金利ならば景気回復、金利上昇局面で、半年ごとに調達金利が上がりますという話になる。まさか、財務省は今後十年金利上昇がない、つまり景気回復がないと言っているわけではないと思うが。金融機関がこれだけ国債を買っているときに、個人にも国債を販売する必要があるのだろうか。

海外送金、外国船の入港、貿易などに関して、安全保障上の理由から、送金停止、入港拒否、輸出規制などができるような法の枠組みをつくるための勉強会を立ち上げる。もし、北朝鮮がKEDO脱退などの動きをしていくならば、国連による経済制裁などもありえる。その時に法律がないからできませんとは言えない。自民党若手有志でたたき台を作り、外交部会の議論を経て、議員立法を目指す。

朝、チップ・グレグソン中将、第三海兵隊遠征軍司令官兼沖縄米軍四軍調整官兼在日米海兵隊基地司令官と朝食。
北朝鮮問題やイラク問題などを中心に意見交換。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする